お近くの校舎を探す

伊藤美誠選手、平野美宇選手のオフィシャルパートナーサイト

お近くの校舎を探す

英語(解説速報講義)

筆記

 昨年と同様に、実践的なコミュニケーション能力を問うという現行課程の方向性を意識した出題で、難易度、分量、出題傾向に大きな変化はなかった。第3問Bは昨年同様の出題形式で、生徒たちによる話し合いにおける発言の主旨を選ぶ問題。昨年は発言者が7人と過去最多であったが今年は6人に減少。本文の語数、設問の語数も減少したが、設問がやや難しくなった。第4問の図表問題では、例年出題されることの多い図表中の項目を問う問題は出題されなかったが、本文をしっかりと読み、グラフや表に注意深く目を通し、各設問で求められている情報を素早く読み取ることが大切である。第5問は、昨年はSF的な物語で日誌からの抜粋という珍しい設定であったが、今年は「ガーデニングの経験から学んだ教訓」に関する内容の典型的な物語文に戻ったので、受験生は昨年よりも解きやすかったであろう。

リスニング

 分量、出題傾向に変化はなく、対話を聞き、質問の答えとして、最も適切なイラスト、数字、文字情報を選択する問題、対話に続く応答を選択する問題、3人の会話を聞いて質問に答える問題、複数の情報を聴き取り、取捨選択する能力が問われる問題などが今年も出題された。対話の中で聴こえてこない単語で選択肢がつくられているものもあり、情報から類推をする力も求められている。問題冊子に書かれた質問・選択肢の総語数は約70語増えたものの、選択肢に読み取りやすい工夫がされていたため、読み取りの負担増にはならなかったと思われる。全体的に聴きとりやすい音声で、昨年よりも聴き取りのポイントが把握しやすくなり、正解の選択肢が絞りやすかったため、昨年よりもやや易化したといえる。

解説速報講義

※動画の再生に失敗する場合は、ページを読み込みなおし、動画の左下の再生ボタンを押してください。

※動画の再生に失敗する場合は、ページを読み込みなおし、動画の左下の再生ボタンを押してください。

大学入試センター試験 科目別内容分析

大学入試センター試験
科目別内容分析

2019冬期無料講習_エンド
新大学入試対応イベント 資料請求_エンド 校舎訪問申込_エンド 新大学入試対応イベント 資料請求_エンド 校舎訪問申込_エンド 新大学入試対応イベント 資料請求_エンド 校舎訪問申込_エンド