お近くの校舎を探す

伊藤美誠選手、平野美宇選手のオフィシャルパートナーサイト

お近くの校舎を探す

数学(解説速報講義)

数学I・A

 必答問題の第1問、第2問[1]は易しくなったが、第2問[2]データの分析、選択問題の第3問、第4問はやや難化した。昨年と比べて分野毎の難易度や分量の差が開いたので、例年以上に時間配分に気をつける必要があった。誘導の意味を理解し活用する力が求められている問題や、設問のつながりに気づいて対応する力が求められている問題などやや難しい出題であった。データの分析は変量を変換する頻出のテーマであるが散布図について考察する問題は標準偏差の深い理解が必要であり難しい。選択問題では、第3問(確率)、第4問(整数の性質)はヒント、誘導を活用できなかった受験生も多かったと思われる。一方、第5問(図形の性質)は図形と計量の知識を利用する設問が例年に比べて増加した反面、幾何的に考察する設問が減少したため他の選択問題に比べて解きやすかった。

数学II・B

 見慣れた設定の問題が多く、全体的に誘導も丁寧であり計算量も減少。一方で微分法・積分法、ベクトルの問題は図形的な状況把握が難しい出題であった。全体的な難易度はやや易化。第1問は誘導も丁寧で易しかった。第2問(微分法・積分法)は問題文に従って解き進めればよいが、設定されている曲線や直線が多く、図形的な状況把握がやや難しかった。第3問(数列)は他の問題と比べて最も設定や表現が難しく設問の意図が汲みにくい設問も出題された。また第4問(ベクトル)も図形的な把握が難しい設定であったが、計算量が少なくなるような設定工夫があるため計算で苦労することはなかったであろう。空間ベクトルの問題は2016年度以来の出題であった。第5問(確率分布と統計的な推測)は見慣れた設問が多く例年より誘導も丁寧で易しかった。

解説速報講義

※動画の再生に失敗する場合は、ページを読み込みなおし、動画の左下の再生ボタンを押してください。

※動画の再生に失敗する場合は、ページを読み込みなおし、動画の左下の再生ボタンを押してください。

大学入試センター試験 科目別内容分析

大学入試センター試験
科目別内容分析

2019冬期無料講習_エンド
新大学入試対応イベント 資料請求_エンド 校舎訪問申込_エンド 新大学入試対応イベント 資料請求_エンド 校舎訪問申込_エンド 新大学入試対応イベント 資料請求_エンド 校舎訪問申込_エンド