Kaoru Shinomiya

みんなに助けてもらう。みんなでつくる。
そんなリーダーのあり方を、見つけました。

  • interview #03
  • 校舎長 四ノ宮 薫

2014年新卒入社。学習アドバイザーを経て、入社5年目のとき校舎長に。将来は、教務部で学習アドバイスの全社的なレベルアップに貢献したいと考えている。休日は、社会人のオーケストラ楽団に所属し、小学生のときに始めたバイオリンを続けている。

ビジネス色が強い塾。

塾をうまく活用すれば、受験は成功する。中学受験、高校受験、大学受験を経験した私には、そういう実感がありました。ゆくゆくは、塾内のサービス企画や指導法の研究をしたいと、塾業界を中心に就職活動を行いました。マナビスに興味を持ったのは、河合塾の武器を持ちながら、映像授業で事業を展開している点に惹かれたから。トントン拍子で内定が決まり、何かの縁と入社を決意しました。ほかにも塾や教育関連の会社を受験しましたが、マナビスが一番、経営視点が濃い会社だと思いました。説明会から、「今後、どのように経営していくのか」を教えてくれましたから。正直私は、ガツガツしているタイプじゃありません。でも、そんなこと気にせず、ビジネスの世界へ飛び込みました。

鍛えてくれた、2人の校舎長。

「壁にぶつかるギリギリ前で立っている。あと一歩ぶつかる勇気がないね」と、校舎長からズバッと言われた。3年目、所沢校で学習アドバイザーをしていたときのことです。理想が高すぎて、壁にぶち当たる前に諦めてしまっていたんです。所沢校の校舎長は、要求するサービスレベルが高い人でした。でも、そのおかげで、自分の弱点と向き合えた。考えすぎず、スモールステップで少しずつやってみようと、スタンスを変えました。そして4年目、立川校に異動したら、知らぬ間に社会人としての感覚が鋭くなっていると感じました。立川校の校舎長から、「四ノ宮さんはどうしたい?やりたいことやっていいよ」と言ってもらい、生徒のタイプに合わせて講座を受講するタイミングを変えることで、成績を向上させることができました。仕事は大変なものと思っていましたが、立川校の校舎長のおかげで、仕事の面白さを知ることができました。

リーダーシップはないけれど。

そして今、校舎長をしています。私にはまだ早い。そう思っていましたが、会社が期待を寄せてくれたのだからと、不安半分、やる気半分で取り組んでいます。でも、初っ端からくじけちゃいました。春は生徒集客の繁忙期なのですが、予想を上回る数の問い合わせに対応できず、思ったより入会者を伸ばせなかったのです。どうしようかと悩みましたが、もともと私はガツガツしたタイプじゃないし、リーダーシップがあるわけでもありません。だから、スタッフのみんなにこう言ったんです。「助けてほしい。どんどん意見を言ってほしい。みんなが働きやすい環境を整えるから、みんなで良い校舎をつくろう」と。周りの人の力を借りて、鍛えられながら、支えてもらいながら、成長していく。そんな校舎長もありだと思っています。