Yousuke Suzuki

社風の異なる2つの会社が
一つの新しい事業を立ち上げる。
難しい、だからこそ面白い。

  • interview #09
  • FC開発部 課長 鈴木 洋介

2013年中途入社。教育現場を変える仕組みを構築するためにマナビスへ。理念に共感してくれるフランチャイズ(以下、FC)加盟先を求め、全国を飛び回りながら、経営者とともにビジネス構想を描き、その実現をサポートする日々を送っている。休日は、妻と一緒に料理やゴルフを楽しむ。

何でも売れる自信があった。

証券会社で営業を経験し、学習教室でFC開発に携わった。そんな経験を通して、人と関わりながら事業をつくる面白さを実感していました。「金融商品やビジネスモデルそのものといったカタチのない商材を売る」という仕事に挑戦し、ビジネスパーソンとしての成長を念頭に置いてきたように思います。経営者と対峙するという厳しい仕事環境に揉まれ、経験を重ねていくうちに、何でも売れるのではないかという自信がついていました。ご縁があって、マナビスで今の上司と出会ったとき、より大きな挑戦ができると感じた。営業は、相手に理解してもらって、売り込む仕事だと思っていましたが、彼は私にこう言ったのです。「それは、お客さんのためになっているのか」と。ここまで信頼関係を大切にし、相手の立場に立ってものを考えられる人はいない。上司のビジネスパーソンとしての考え方に共感し、自分にとっての大きな転機となりました。

何度も、何度も、話し合う。

マナビスのFC開発は、加盟法人を増やし、新しい校舎を開校していくことによってマナビスを全国に広げる役割を担っています。しかし、無理に加盟法人を増やしません。「すべては一人ひとりの生徒のために」という当社の理念の共有にこだわり、拠点拠点で、勝てる校舎を作っていきます。日々、重たい決断を下し、自社を成長させてきたオーナーは、いわばビジネスのプロ。長年に渡って、その地域に根づいて、事業を展開してこられた経営者に、高校生を対象として教育ビジネスを提案するのです。そんな方々と新しいビジネスを始めるわけですから、当然、意見の食い違いが起こります。そういうときも、「本当に生徒のためになるのか」「加盟法人の成長につながるのか」という視点に立ち、何度も、何度も、話し合います。「マナビスを選んでよかった」、「また一緒に仕事しよう」、「次はどこに出そうか?鈴木さん」なんて言われると、ビジネスの厳しさを忘れ、やりがいを感じます。

人を育て、会社を育てる。

マネージャーになって1年が経過しました。これまでは、自分でやって、自分で結果を出せばよかった。でも、これからは、みんなにやってもらって、みんなに結果を出してもらわなくてはなりません。難しいですね。また、校舎は一人で作れませんから、顧客であるFCオーナー様には、投資や人材配置の準備をご理解いただく一方で、同じ社内のIT推進部や総務部、SVといったメンバーを巻き込む必要もあります。経営者と真摯に向き合うこと、新しい校舎を作ることは、信頼関係があって初めて成り立つこと。知識やスキルだけで押し通せるものではなく、最終的には人間力が求められるということも、伝えていかなければなりません。まだまだ自分自身も成長の途中であると感じます。それでも、BtoBビジネスのフィールドで、人を育て、会社を育てていきたい。挑戦は続きます。