お近くの校舎を探す

伊藤美誠選手、平野美宇選手のオフィシャルパートナーサイト

お近くの校舎を探す

まとめ方を変えるだけで、学力アップ。

必勝合格!
ノート術

なぜノートが大事なの?

ノートを取るということは、自分専用の参考書を作るようなもの。ただ黒板を写すだけでなく、「授業の内容を頭の中で再現できるノート」にすることが大切です。そして、ノートを使って「予習→授業→復習」というサイクルを回すことで、授業の内容がしっかり「自分の知識」に変わっていく。ノートをうまく活用すれば、同じ勉強時間で何倍もの効果を生み出すことができるのです。河合塾マナビスで、志望大学に合格した先輩たちのノート数百冊を集めて分析した結果、成功するノートには共通のポイントがあることがわかりました。実際のノートを見ながら、整理してみましょう。

1. 左ページで予習、
右ページは余白にしておく。

ノートは、1つのテーマで見開き2ページを使うようにして、左は予習の内容、右は余白にしておき授業の内容を書き込むようにしましょう。予習の目的は「できること」ではなく、「わかる問題とわからない問題をハッキリさせること」。授業でどこを理解しなければいけないか、見当をつけておくことで、効率的に授業を活用できるのです。

左ページで予習

ノートの左ページでは、授業でやる問題を予習として解いておきます。英文読解や古文などの場合は、テキストのコピーを貼り付けて、自分で読解した答えを書き込んでもいいでしょう。

右ページを余白に

ノートの右ページには、授業の板書や先生のコメントなどを書いていきます。予習の答えが間違った場合は、どこでつまづいているのか?なぜその答えがダメだったか?後から見直してわかるように書き込みます。余白をたっぷり取っておく理由は、間違った時の説明を十分に書き込むためなのです。

2. ビジュアル的に見やすく、
授業を再現する。

授業の板書を写す際には、後からノートを見た時にパッと授業の内容が思い出せるよう、図や表・地図などを大きく活用しながらまとめます。ビジュアル的に覚えやすくすることで、より理解が深まり、見返した時にイメージが湧きやすくなるのです。また、板書にはない先生のコメントも、ノートに書き込みましょう。予習で解いた時にわからなかったり、間違えたり、あやふやだったりした部分に関する先生のコメントを中心に加筆していきます。

予習した問題の解答は消さずに残しておくことも大事です。授業を受けて問題の解答や解説を聞いたら、正答・誤答ともに、その根拠をノートに書いておきます。間違った解答に対しては、それがどうして間違ったのか?どう理解すれば、次に間違えないのか?正解した解答に対しても、あらためて正解への道筋を記して、確認するようにしましょう。

3. 色を上手に使って、
整理する。

たとえば英語の場合、単語は緑、熟語はピンク、文構造は青というように、マーカーの色を分けて使っておきます。すると、後で単語だけ覚えよう、文構造だけチェックしよう、といった場合に、色ごとに関連性のあるものだけを注目できて効率的です。自分にとって重要と思ったポイントなども、目立つ色で書き込んでおけば、復習する時に見やすくなります。

以上が、成功するノートのポイントです。参考書やテキストは、何冊も手を伸ばさずに、1冊を繰り返しモノにするのが現役生の鉄則。ノートもまた、一冊をくり返し復習することで、内容が着実に身についていきます。復習のタイミングは、授業をやった日、3日後ないし1週間後、1ヶ月後、を目安に行いましょう。

塾の授業、特に河合塾マナビスの授業では、近年受験に出た問題やテーマをピックアップして教えています。つまり、授業でやったことさえちゃんと思い出せれば、受験でいい結果が出せるということ。「授業を思い出せるノートづくり」「復習しやすいノートづくり」が、いかに大事かわかりますね。河合塾マナビスでは、より高度なノート術を伝授しています。もっと知りたいという方は、河合塾マナビスで気軽にお問合せ・一日体験をどうぞ。

2019冬期無料講習_エンド
新大学入試対応イベント 資料請求_エンド 校舎訪問申込_エンド 新大学入試対応イベント 資料請求_エンド 校舎訪問申込_エンド 新大学入試対応イベント 資料請求_エンド 校舎訪問申込_エンド