お近くの校舎を探す

伊藤美誠選手、平野美宇選手のオフィシャルパートナーサイト

お近くの校舎を探す

現役合格に向けた高1生の学習の秘訣 高1生の学習法

高1生は高校生活をスタートし、授業・部活など新しい生活に慣れると同時に、「大学受験」の基礎となる事項を確実に習得するための1年です。そんな高1生からよくある質問にお答えします。

冬期特別無料講習

進学校などでは「自分の学年+2時間」が平均的と言われていることもあるようですが、高1生のうちは、学習時間の長さよりも学習頻度を気にかけてみてください。毎日少しずつでも机に向かうことを心がけ、早期に学習習慣を身につけることが学習項目の定着に最も効果的です。

高校に進学すると学習範囲が大幅に拡大し、学習内容も抽象的で複雑になります。一例として、入試に必要とされる英単語の数は高校入試が1200語程度なのに対し、大学入試は志望大学によって2800~4800語と言われています。高校入学当初はこれまでの知識でなんとかなることもありますが、中学生の頃と同じ勉強方法と量では次第に追いつけなくなってしまうでしょう。こまめに復習を行う、毎日机に向かう習慣をつける…など、高校学習に対応できるような勉強にシフトしていく必要があります。

基礎が抜けていることが原因で勉強に時間がかかることもあります。河合塾マナビスで自分に合ったレベルからはじめて力を養うことで、結果として学校の勉強の効率も上がります。また勉強への取り組み方や計画の立て方などに課題がある場合も、担当のアドバイザーが適切な学習方法を指導いたします。

マナビスの講座の詳細はこちら

そもそもどんな学問や職業などがあるのかをよく知らないために、具体的な将来のイメージがつきにくいのかもしれません。まずは情報収集からはじめることをおすすめします。河合塾マナビスの校舎には、進路選択や志望校選択に役立つ情報誌がたくさんあります。校舎のアドバイザーにも気軽に相談してください。

受験勉強の開始に早すぎるということはありません。河合塾マナビスで学習していた生徒の難関大学への合格率は、高1生のときに入会した場合が最も高くなっています。

※グラフ補足
[早慶上理]
早稲田大、慶應大、上智大、東京理科大
[MARCH]
明治大、青山学院大、立教大、中央大、法政大
[関関同立]
関西大、関西学院大、同志社大、立命館大

文系であれば、国語と英語。理系であれば、数学と英語から始めてみましょう。国数英は学習内容が多く、伸びるのにかなり時間がかかる科目です。地歴公民や理科は高3生になってからぐんと伸びる傾向があります。

是非行ってください。可能であれば複数の大学に行って、雰囲気や特徴などを比較してみてください。
大学選びは、自分の将来に大きく関わるイベント。 だからこそ、時間をかけてじっくりと「自分は何に興味があるのか」を知り、「自分のやりたいことはどの大学ならできるのか」を見に行きましょう。 高2生になるといよいよ受験勉強が本格化してきます。時間のある高1生のうちに、興味のある大学をどんどん探しに行きましょう。

オープンキャンパスレポートも掲載中です。 是非ご参考になさってください。

一般入試における学科試験の負担を避けるため、推薦入試を受験する生徒さんは年々増加しています。新入試への漠然とした不安も推薦人気を後押ししているようです。しかし、推薦入試は実は一般入試より合格難易度が高いと言えます。

その理由として

  • ①募集定員が少ない
  • ②人気が高まり、競争が激化している
  • ③独特の入試方式を取り対策が難しい
などが挙げられます。また、新入試では、総合型選抜(現在のAO入試)、学校推薦型選抜(現在の推薦入試)において、これまでよりも学力の評価を重視する方針が発表されています。以上のことから、「学校の勉強をきちんとやっておけば推薦が取れるから大丈夫」とは、一概には言えません。推薦入試を受験することを考えている場合でも、厳しい戦いになることを念頭に置き、一般入試に向けた対策を同時に行っていくことが非常に大切です。

次の流れで復習を行うと効果的です。
復習の方法

次の流れで復習を行うと効果的です。

①個人成績表を確認する

まずは自分の成績を確認しましょう。
※個人成績表返却は7月31日(水)で終了しました。個人成績表に関するお問い合わせは、各校舎までお願いいたします(河合塾マナビス河合塾)。詳細はこちらからご確認ください。

②解説講義を視聴する

受験後の復習には、解説講義と解答・解説をご活用ください。河合塾・河合塾マナビスの校舎にて解説講義を視聴される場合は、各校舎へお問い合わせください(河合塾マナビス河合塾)。問題作成プロジェクトに携わった講師が、出題の意図や差がつきやすい問題などを丁寧に解説し、今後の指針となる学習方法のアドバイスを行います。また、共通テストトライアルのホームページからは解答・解説と復習方法も確認できます。個人成績表や解説講義で自分の弱点を知った後、さらに細かい復習を行う際にご活用ください。

③復習計画を立て、実行する

自分の弱点を知ったら、それを克服するための復習計画を立て、実行しましょう。ポイントは「何を」「いつまでに」「何を使って」「どのように」行うのかを具体的に計画することです。自分ではどう計画を立てたらいいかわからない…という方は、お気軽にマナビスのスタッフにご相談ください。マナビスでは、模試の受験後に結果を振り返り、復習計画を立てる「模試面談」を行っており、共通テストトライアルの振り返りも模試面談と同様に行っています。

復習の方法
高1・2生のキミへ
新大学入試Info
オープンキャンパスレポート
志望校「現役合格」できる高2生になろう 高2生の学習法
着実に力を付ける高3生の学習の秘訣 高3生の学習法
2019冬期無料講習_エンド
新大学入試対応イベント 資料請求_エンド 校舎訪問申込_エンド 新大学入試対応イベント 資料請求_エンド 校舎訪問申込_エンド 新大学入試対応イベント 資料請求_エンド 校舎訪問申込_エンド