お近くの校舎を探す

伊藤美誠選手、平野美宇選手のオフィシャルパートナーサイト

現役合格に向けた高2生の学習の秘訣 高2生の学習法

実力を確かめる

高2生になったら、先取り学習を進めてきた英語・数学・国語で、高3生の模試にチャレンジしてみましょう。

現在の自分の実力が、難関大をめざすうえでどの程度の位置にあるのか、高3生になるまでに得点力をどの程度伸ばしていく必要があるのかが見えてきます。模試の結果が出たら、偏差値や順位だけでなく、設問ごとの得点率にも目を向けて、夏から始まる本格的な受験勉強の計画に役立てましょう。

本格的な受験勉強の開始

ライバルに差を付けるためにも、高2生の夏休みを有効活用し、理科や地歴・公民を含めて受験に必要な全科目での受験勉強を始めましょう。本格的な受験勉強と言っても「入試問題レベルの問題を解くのはまだ難しいのでは?」と感じる人もいるかもしれませんが、入試問題には、高1・2生の内容から出題されている問題も多くあります。既習範囲の基礎をしっかり固めたうえで、取り組める内容・レベルから取り組んでいきましょう。

具体的な得点率の目標を設定する

全科目での受験勉強が始まると、復習にかかる時間が増え、覚えなければならないことも急激に増えてきます。苦手な部分をつくらないように学習していくことは簡単ではありませんが、合格者と不合格者の高3生になってからの得点率の伸びを見てもわかるように、高2生段階で完成度を上げておくことが重要となってきます。初めての5教科の模試となる全統マーク高2模試・全統高2記述模試の結果も参考にしながら、高3生第1回全統マーク模試で7割以上の得点を取ることを目標にして、学習を進めていきましょう。

高2生が夏~冬までにやること
2017夏期無料講習_エンド
資料請求_エンド 校舎訪問申込_エンド 資料請求_エンド 校舎訪問申込_エンド 資料請求_エンド 校舎訪問申込_エンド