お近くの校舎を探す

伊藤美誠選手、平野美宇選手のオフィシャルパートナーサイト

現役合格に向けた高3生の学習の秘訣 高3生の学習法

志望校対策前の総仕上げ

夏休みまでの期間で、全科目の基礎部分の確認をしておきましょう。基礎の確認をしていく中で、苦手な部分を発見し、克服していくことが重要です。

夏休みになると、過去問を使っての志望校対策が始まります。基礎固めができていない状態で入試問題を解いても、応用力や思考力は身に付きません。まずは第1回全統マーク模試・全統記述模試において、志望校に対してA判定・B判定を取ることを目標として、基礎固め・苦手克服に力を入れましょう。

志望校対策
-過去問を解き始めよう-

受験の大きな山場となる高3生の夏。毎日10時間以上の学習を計画的に進めることが大切になります。
7月中に、第一志望校の過去問を少なくとも1年分、受験科目すべてにおいて取り組んでおきましょう。高2生の夏に取り組んでみたときとは、いろいろと違ったことが感じられるでしょう。その手ごたえを元に、残り半年の戦略を改めて練り直すことが大切です。
8月~11月にかけて、難関大を対象とした大学別オープンが実施されます。大学別オープンを受験する前に志望校対策に入ることで、傾向に合わせた効果的な学習を進めることができます。また、第一志望校だけでなく、併願校の過去問も計画に組み込んで取り組みましょう。

いよいよ受験本番

冬休みが終わるといよいよ受験本番。3年間頑張ってきたことを整理し、1点でも多く得点できるように、実戦力を高めていきましょう。ただ過去問を解くだけでなく、丁寧に復習することが大切です。志望校合格は目の前です。

高3生が春~夏までにやること
一日体験入会
資料請求_エンド 校舎訪問申込_エンド 資料請求_エンド 校舎訪問申込_エンド 資料請求_エンド 校舎訪問申込_エンド